TEAM

これからのチーム

日本のマーチングバンドやカラーガードは、技術レベルやエンタメ性が年々上がってきています。しかしながら、まだまだマイナーなカテゴリーで発展途上なところがあります。この状況を打開するにはどうしたら良いか考えた末、ひとつの提案にたどり着きました。それが「経営」と「教育」と「ブランド力」です。

第一の課題は経営能力

「マーチングが経営?」「営利目的では無いのに?」と思う人も多いかと思います。しかしながら経営は、営利非営利に関わらず絶対に必要な要素になります。そもそも経営とは、事業を営む事ですのでマーチングバンドやカラーガードを運営するには経営能力は必須となります。

第二の課題は教育

マーチングはもともと教育の一環で始まりました。しかし、教育面よりも音楽技術や馴れ合いに偏りがちになる危険性も。技術や人間関係が良くなる事自体はとても良い事ですが、教育の無い技術や人間関係では、本質を見失ってしまい折角のマーチングやカラーガードの魅力が失われてしまいます。

教育とは、特定の人が大勢に伝えると言った形ではなく、主に活動を通してともに成長していく事を指します。

第三の課題はブランド力

観客・メンバー、それぞれの目線に立って「チームをどのように楽しんでもらうか」を定めることでチームの方向性が固まっていきます。万人受けを目指してしまうと万人に飽きられてしまいます。方向性を固める事で、結果的に万人にも受けやすくなるのが一般的です。また「すべき事」がわかると同時に「しなくてもいい事」もわかっていきます。

チームコンセプト

チームによってコンセプトは様々です。ご自身所属のチームは何を中心において活動しているのかをメンバーやスタッフと都度確認し合いながら多くの人たちに活動を通してしっかりと周知して行きましょう。

ビジュアルプレゼンテーション

ブランディングが固まり始めたら、それを具現化する作業に入っていきます。これらは、ロゴや衣装、イベントパンフレットなどあらゆるところで反映されていきます。

収益コンサルティング

ただの経理とは違い、収益コンサルタントは出費の管理だけに留まらず、収益の持続的な確保と同時にファン獲得のためにコンサルタントしていきます。 また、チームの方向性を考慮した上で本当に必要なところ必要のないところを分別していきます。

List


Placeholder image

デザインマネジメント

デザイン資源を整理して、企業や店舗・事業・イベント等の課題をクリアにし、デザイン戦略によって水準を上げるサポートをしていきます。

対象:企画・制作・運用管理・スタッフ教育に至るまでの全面サポート

Placeholder image

事業促進アイテム

デザイン資源を整理して、企業や店舗・事業・イベント等の課題をクリアにし、デザイン戦略によって水準を上げるサポートをしていきます。

対象:企画・制作・運用管理・スタッフ教育に至るまでの全面サポート

Placeholder image

shop Reeset

デザイン資源を整理して、企業や店舗・事業・イベント等の課題をクリアにし、デザイン戦略によって水準を上げるサポートをしていきます。

対象:企画・制作・運用管理・スタッフ教育に至るまでの全面サポート

Placeholder image

技能レッスン

デザイン資源を整理して、企業や店舗・事業・イベント等の課題をクリアにし、デザイン戦略によって水準を上げるサポートをしていきます。

対象:企画・制作・運用管理・スタッフ教育に至るまでの全面サポート

Placeholder image

アーティストショップ

デザイン資源を整理して、企業や店舗・事業・イベント等の課題をクリアにし、デザイン戦略によって水準を上げるサポートをしていきます。

対象:企画・制作・運用管理・スタッフ教育に至るまでの全面サポート

Placeholder image

デザイナーズミーティング

デザイン資源を整理して、企業や店舗・事業・イベント等の課題をクリアにし、デザイン戦略によって水準を上げるサポートをしていきます。

対象:企画・制作・運用管理・スタッフ教育に至るまでの全面サポート