ITEM

新商品の開発にはデザイナーを起用

流れを作るためには、定期的に新商品を出していくのが一番です。ですが、上司からのトップダウンだったり、スタッフのみの会議だったりでは、客観的な判断など多面性が乏しく、また、内部の人たちだけでは空気感を気にしてまともなディスカッションが難しいものです。

開発には、初期の段階でデザイナーを、特に内部のパワーバランスに囚われない外部デザイナーを起用する事は、定番になりつつあります。

既存品でも定期的に見直しを

既存品は、出すまでは何度も見直していても出した途端に成長が止まりがちです。これでは、ワークフローの途中で止まってしまい、せっかくの品が勿体無い。

出したら定期的に見直しをする作業が一昔前まで一般的ではありませんでしたが、大手企業などを見ると、定期的に見直しながら成長させていくワークフローの方が常識的と言えます。

手に取ってくれる商品パッケージ

商品パッケージは、お店の看板やロゴと同じく商品のための小さな看板だと思ってください。パッケージが無いと手に取ってくれない訳では決してありません。

しかし大事なのは、パッケージによって手に取ってくれる率が高まると言う事です。購入するまでの気分の持っていき方、期待値、満足予測度といったその場の空気感がひとつ上の品質を生み出します。単純に売れる売れないの話ではない事がわかります。

販促POP

値札や商品紹介ポスター、張り紙、のぼり、看板といった目に入れて気分を高めてもらうアイテムは、料理で言えばテーブルクロスやメニュー表、お皿やグラス、壁紙といった「食事する行為には直接関係ないが心理的に大いに関係するアイテム」と言えます。販促POPには、単に「見やすい」とか「説明が詳しい」だけでは心理的効果に良い影響を与えません。ここにもデザインスタイルが必要となります。

List


Placeholder image

デザインマネジメント

デザイン資源を整理して、企業や店舗・事業・イベント等の課題をクリアにし、デザイン戦略によって水準を上げるサポートをしていきます。

対象:企画・制作・運用管理・スタッフ教育に至るまでの全面サポート

Placeholder image

事業促進アイテム

デザイン資源を整理して、企業や店舗・事業・イベント等の課題をクリアにし、デザイン戦略によって水準を上げるサポートをしていきます。

対象:企画・制作・運用管理・スタッフ教育に至るまでの全面サポート

Placeholder image

shop Reeset

デザイン資源を整理して、企業や店舗・事業・イベント等の課題をクリアにし、デザイン戦略によって水準を上げるサポートをしていきます。

対象:企画・制作・運用管理・スタッフ教育に至るまでの全面サポート

Placeholder image

技能レッスン

デザイン資源を整理して、企業や店舗・事業・イベント等の課題をクリアにし、デザイン戦略によって水準を上げるサポートをしていきます。

対象:企画・制作・運用管理・スタッフ教育に至るまでの全面サポート

Placeholder image

アーティストショップ

デザイン資源を整理して、企業や店舗・事業・イベント等の課題をクリアにし、デザイン戦略によって水準を上げるサポートをしていきます。

対象:企画・制作・運用管理・スタッフ教育に至るまでの全面サポート

Placeholder image

デザイナーズミーティング

デザイン資源を整理して、企業や店舗・事業・イベント等の課題をクリアにし、デザイン戦略によって水準を上げるサポートをしていきます。

対象:企画・制作・運用管理・スタッフ教育に至るまでの全面サポート