長いこと同じMacを使用していると、OSのバージョンが上がる度に本体やソフトが対応しなくなったり、不具合を起こす場合があります。

そう言う時は、本体はどうしようもないですが、ソフトについては、最新OSに合うようなアップデートを待つ他ありません。

しかし、そう上手いタイミングでアップデートが来るとも限らず、最悪の場合は、「これ以上のOSには対応しません!」とソフトや周辺機器の方がOSに合わせようとしなくなること…もうこうなったら仕方がありません。

あとは、使用OSをダウングレードする…つまり、前のバージョンに戻すしかなくなります。

前のバージョンに戻すには、3つの方法があります。

私は、以前アップルの問い合わせで電話した時は、出来ないような事を言われたのですが、今思えば、その電話相手の知識がなかっただけだったのかな?

色々と調べたらちゃんと出来ました。ので、ここで覚書用に残しておきます。

これからお伝えする方法は、3つのうち、最も手間のかかるやり方ですが、インストールするMacOSを事前に手持ちの外付けHDDなどに入れて、そこからインストールするやり方になりますので、この先、何かあった場合、特にインストール直後にトラブルがあった場合でも、すぐにやり直すことができますし、ネットを使うわけではないので、通信制限があっても心配ありません。

前のOSに戻すまで

まずは、全体の流れを把握します。

何よりもまずは、データを救出します。今のOSは消すことになるので、そのOSで動いていたソフトやデータも全て消えることになります。その前に必要なデータを外付けHDDなどに避難しておきます。

データを避難させると同時に以前のバージョンのOSをダウンロードしてきて、「ターミナル」を使って外付けHDDに移動させる必要があります。

それが終われば、今まで使っていた本体の中身を全て削除します。これで、本体の中には何もなくなります。

本体をカラにできれば、外付けHDDから立ち上げて、入れたいOSをインストールします。それが追われたデータやソフトなどを戻して終わります。

インストール用のMacOSを用意する

まずは、消えて欲しくないデータを外付けHDDなどに避難するのと同時にインストール用のMacOSを用意する必要があります。

基本は、「App」でMacOSを入手する必要があります。

…が、いくら検索しても出てきません。何故。。。かは、わかりませんが、ここに各バージョンへ行くリンクを貼っておきます。

下のOSをクリックするとAppが開きます。

MacOS Mojave(10.14)

MacOS High Sierra(10.13)

macOS Sierra(10.12)

これをインストールできたら、次に外付けHDDの準備です。

まずは、空の外付けHDDを用意します。

最近のは1Gや2Gといった大容量の外付けが多く安いのですが、OSはここまでの容量を必要としませんので、パーテーションを組んだり、外付けHDDではなくSDカードなどでも良いかも知れませんね。

外付けHDDやSDカードは、そのままでは使えません。フォーマットする必要がありますので、用意したらパソコンに繋いでから「ディスクユーティリティ」を開きます。

そこで、OSを入れたいスペースを選択して、上にある「消去」を選択。

パーテーションを別けるとOS用の部屋とデータ保存用の部屋と都合よく使う事ができるので、容量の大きい外付けHDDやSDカードなどの場合は、パーテーション別けをオススメします。

消去した後の名前とフォーマットを聞かれますので、名前は極力わかりやすく「macOS」とか「macOS13」といった分かりやすい形の方が良いかと思います。

フォーマットは、「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を選択します。

ちなみに、データ用の部屋の場合は、exFATをオススメします。exFATならMacからはもちろん、Windowsからでもアクセスができます。

次に「ターミナル」というソフトを立ち上げます。

立ち上げたら、

sudo /Applications/Install\ macOS\ @@@.app/Contents/Resources/createinstallmedia –volume /Volumes/***

と入力します。

@@@は、osの名前を入れます。「Mojave」とか「High Sierra」とか。

***は、インストールする外付けHDDの名前を入れます。

入力できたら「Enter」キーを一度押します。

パスワードが求められたら、パソコンを立ち上げた時に設定しているパスワードを入力して「Enter」キーを押します。

そのあとに「y」を押すように書かれると思うので、「y」を押します。

すると、ダウンロードしたMacOSを外付けHDDにインストール用にして保存してくれます。

本体をまっさらにする方法

もちろん一つ一つゴミ箱に入れていては果てしないことです…ので、ここは一気に消していきたいと思います。

一度、本体の電源を切ります。

立ち上げる時に「option」を押し続けて立ち上げます。するとMacOSユーティリティが立ち上がります。

まずは、一番下の「ディスクユーティリティ」を開きます。

左側に色々とありますが、Macintosh HD(本体)を選択して、上にある「削除」をクリックします。クリックすると何か出てきますが、特に気にせずそのまま削除します。

上の画像は、すでに削除した状態です。

ちなみに、これが入れたいOSが入っている「OS X Base System」です。

本体が削除できたら「ディスクユーティリティ」を⌘Qで終了させて、「MacOSユーティリティ」に戻ります。

次は、MacOSをインストールしていきます。

今回は、MacOS High Sierraをインストールしますが、別のバージョンでも変わりありません。

まずは、同意の有無を聞かれます。もうこれはしないと何も始まりませんので…

次にOSをどこに入れるのかを問われます。これは、本体に入れたいので、この場合は、Macintosh HDを選びます。

すると、インストールが始まります。

これには、少し時間がかかるので気長に待ちます。

終われば、「ようこそ」と言うのが現れて、まず言語を選択します。

次にキーボードの設定ですが、日本人に親しまれているJISキーボードの場合は、「日本語」を。USキーボードの人はUSを選択しないと後で不具合が生じますので、注意が必要です。

日本語を選ぶと右側に選択する項目が出ます。

次にネットワーク環境の設定。これは、後でも設定ができます。

私の場合は、ここで設定しました。

あとは、「データとプライバシー」について説明があり、

データ転送もここでできるみたいですので、必要な場合は選択をします。後でゆっくり転送したい場合は、特にここでは選択しなくても大丈夫です。

次は、Apple IDを入力して、iCloudなどの情報を使えるようにします。

「コンピュータアカウントを作成」と言うのは、パソコン本体のことです。万が一の事があってはいけないので、ここでパスワードを設定しておきましょう。

すると、少し通信を使うのでグルグルします。

この辺は、素直にそのまま進めたら良いかと思います。

「Macを設定中…」ここまで来たら、もうゴール間近です。

これで、本体に前のOSが入りました。つまり、ほぼ購入時と同じ状態になったことになります。

作業しているとデータ上のゴミが本体の中に散乱しますが、これで、作業上のゴミも含めて綺麗になったことになります。

実際にストレージを見てみましょう。今まで「Macintosh HD」の中は、空き容量が95GBくらいだったのですが、綺麗になってますね。

ここで注意が必要なのが、Apple純正の「Pages」や「Numbers」などは、MacOS 10.14(Mojave)以降でないと使えないという事実…Microsoftのoffice系ソフトを使用している方ならいらないかも知れませんが、私はガッツリ使っているので、結局、10.14に上げることになりましたが^^;

まぁともかく、これであとは、必要でデータやソフト、各種設定を整えればいつも通りの環境に戻ります。

私は、個人用のスナップ写真やスクリプトなどを避難するのを忘れてしまいましたが、これから気をつけたいものです。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください