Lightroomを使っていると、カタログに収集された写真の数が膨大になっていきます。

そうすると、Lightroomを立ち上げた時に、膨大な写真を読み込むだけで時間がかかってしまいますし、色編集などの情報をまとめるDATAも重くなっていきます。

日常的な編集は、ローカルの中にカタログがあったほうが確実に早いのですが、ずっとローカル内に持っておく必要はありません。

そこで、使用頻度の低い写真を外付けHDDに移動するやり方を説明します。

単純に写真を移動すると、元写真は移動できてもカタログに表示される写真枚数は変わりありません。カタログから見れば、「元写真がどこにあろうと、今開いているカタログが管理している」からです。

カタログ(DATA)には、色補正した情報やメタデータ情報が入っていて、元写真は、どこに行っても紐づけられますので、元写真の容量は変わっても、カタログ(DATA)の容量は変わりません。

カタログは、管理している枚数が多ければ容量は重くなっていきますので、1つのカタログが管理する枚数もある程度でバラけさせる必要があります。

私の場合

私の場合は、今年の写真はローカルに。昨年以上前の写真は外付けHDDに。カタログは、ローカルと外付けHDDにそれぞれのカタログを作成して管理しています。

なぜ、こんな面倒な事をしているのかというと…

カタログ(DATA)は、重たくなるから!

Lightroomの場合、元写真自体に影響を与えません。編集等の情報は、すべてDATA内に蓄積されますので、元写真がローカルから移動されても、元写真分しか容量は空きません。

管理する写真が多ければ多いほどカタログ(DATA)は情報を得て重たくなりますので、ある程度のところで、カタログ(DATA)を分けていかないとパソコンの負担が大きくなります。

なので、このような形を取っています。

編集情報を含めて元写真を外付けHDDに移動する方法

では、どうしたら元写真だけではなく編集した情報も含めて外付けHDDに移動すれば良いか。

それは、以下のような方法になります。

「外付けHDD」内のカタログを開く

まずは、移動先の外付けHDD内のカタログを開きます。

「ファイル」から「別のカタログから読み込み…」を選択

別のカタログ…というのが、ローカルにあるカタログの事です。

移動したいファイルやフォルダを選択

左側にフォルダ、右側に選択したフォルダ内にある元写真(ファイル)になります。元写真がプレビューできない場合は、左下にある「プレビューを表示」にチェックします。

ここで確認すべきは、左下の選択項目です。

「ファイル管理」…3つの選択ができますが、元の場所から新しい場所に移動したい場合は、「新しい写真を新しい場所にコピーして読み込み」を選択します。

色補正情報も含めて元写真がコピーされた

これで、外付けHDDに元写真と情報がコピーされました。

本当にコピーされたか確認してみましょう。

「Finder」で表示すると、選択した元画像が外付けHDDに入っていることが確認できます。

これは、元写真の場所を表示しています。

元のカタログからコピーした元写真と情報を削除

これは、あくまでコピーですので、ローカルには、元写真もありますし、ローカル内のカタログ内には情報も残っています。ここまでで、ローカルと外付けHDDに同じデータが入っていることになります。

ので、コピーしたら今度は、ローカルにあるデータを消す必要があります。

ローカルのカタログの中のコピーした写真やフォルダを消せば、これで元写真とDATAが(結果的に)引っ越されたことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください