Blog

販促アイテムは、紙とネット、どれを選べばイイ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットやアプリチラシなどが一般的になったことで、印刷物を削るお店が増えていると聞きます。色んな発信方法があって選ぶのも楽しくなってきましたね。

ただ、ここで考えていただきたいのは、それぞれの媒体にはそれぞれの特徴があるので、それらを理解した上で選択する事が大事だと言う事です。

媒体の初期費用で考えるよりも、ユーザーが、より信用できる接し方を想像した上で検討していくと良いかと思います。

印刷物は高いのになぜ宣伝効果があるのでしょう。なぜなら、手に取れる現物だからこそ、それだけで信用における存在になるからです。ネットだと導入が簡単ですし変更も容易です。しかしながら、これだけ多くの企業がネット広告を出していると存在感が乏しくなるのも無理はありません。

そうなると結局のところ一番身近なものを選びがちになります。そこに印刷アイテムがあるとそれだけで販促効果としてはとても高くなります。

ただ、それでも印刷アイテムの効果が薄いと感じる理由があります。それがデザイン性の有無です。デザインの力を発揮するには、目標の選定から情報整理、表現技術など、本来すべき事が多くあります。ただ単にデザインデータを作るだけではありません。

事業者様がデザインマネジメント出来れば、それに越したことはありませんが、外からの新鮮な目もとても大事ですので、外部デザイナーとパートナーになる事をお勧めいたします。

FAVORISへのお問い合わせ

デザイン事務所FAVORISへのお問い合わせはこちら


お問い合わせ