Blog

請求書内に記載されてる配送料、二重請求されていませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業内でも意外と見落とされている二重請求。特に配送料なんかに間違ってかけられてしまうことが多いです。

そもそも配送料って?

配送料は、主に仕入れ時や依頼者へ荷物を運ぶためにかかる費用ですが、それは、制作者や仕入れ元に入るのではなく、配送業者へ支払うためのものですので、配送業者以外の利益にはなりません。

当事務所の項目では、基本的に「支出経費」は、当事務所から配送業者などの協力事業者さんへお支払いするためのものです。

仕入れの際に生じた配送料を依頼者へ請求する場合

仕入れ①の際に生じた配送料を依頼者③へ請求する場合

上記のように、仕入れの際に発生した配送料を依頼者へ請求する場合は、実際にかかった配送料(税込)を請求すれば問題ありません。

仕入れとは別に納品時に生じた配送料を依頼者へ請求する場合

仕入れ①とは別に納品③時に生じた配送料を請求する場合

通常は、制作者が依頼者へ商品を納品する際に商品代金と合わせて配送料も依頼者へ請求します。

しかし、ここで間違った計算をしている業者が多いんです。

配送業者の配送料は、基本的に税込価格で表示されています。なので、例えば、配送に1,000円かかる場合は、既に税込の価格ですので、デザイン制作費(税抜)の中で計算する場合は、配送料だけ税込扱いで計算する必要があります。

配送料のみ税込になっているので、計から配送料分を引いた金額に消費税を乗じてから配送料を足した金額が合計になっています。

ディレクションや制作、印刷などの一部経費(税抜)を合算させて、消費税を乗じた金額が最終的な請求額となります。消費税を乗じる際に、既に税込になっている消費税が入っていると二重で消費税を乗じることになります。これが二重請求です。

税込価格になっている配送料も含めた計から消費税を乗じているので、配送料(税込)×税金10%(+100円)となってしまっている。

「全国送料一律」のカラクリ

業者の中には、あえて分かりにくいように「全国送料一律」としている場合も多く、依頼者にとっては分かりやすいので、楽なように感じますが、実際は地域や距離によって配送料は変わるのが常識です。それを全国一律にすると言うことは、ある程度遠方の場合は良いのですが、比較的近場な業者に依頼する場合は、かなり割高な場合が多いです。

「配送料無料」って無料で運んできてくれるの?

「配送料無料」についても、実際に配送には配送料がかかります。配送業者はタダで運んではくれませんから。では、業者が全て負担しているのでしょうか?実際に負担しているところもなくは無いですが、負担すると言うことは、利益が減ることになります。利益を減らしてでも数をこなして全体の利益を増やす戦略であれば問題ありませんが、大概のケースとしては、「配送料」を商品など別の項目に分散させて…つまり隠して、結局は依頼者から徴収しているケースが圧倒的に多いのが現実です。

ぜひ、依頼される際は、あるいは請求される際は、請求書のご確認を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください