Blog

事前に確認すべきカラー設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Illustratorで制作作業に入る前に確認しなければならないのがカラー設定です。警告が出ていなくても一度確認した上で作業に入りましょう。

カラー設定

command(Ctrl)+Shift+Kでカラー設定画面が現れます。初期設定は以下のようにエミュレートになっているかと思います。

設定:

「設定:」のところがエミュレートになっていたら、ここをクリックするとプルダウンされて、事前に設定されているプリセットが現れます。

どれにするかは、最終的にどのような使い方をするかによります。例えば、印刷用であれば「プリプレス用・日本2」が一般的です。WEB用であれば「Web・インターネット用-日本」あたりでしょうか。

選択するとその下の「作業用スペース」や「カラーマネジメントポリシー」が有効になり、事前に設定された項目に変わります。

エミュレートとプリプレスの色味の違い

ちなみに、これで何が変わるのかというと、ズバリ色味です。この設定1つで明らかに色味が変わります。下の画は、エミュレートにした時のCMYKとプリプレス用(印刷用)にした時のCMYKです。

エミュレート時の色味

エミュレート時の色味

 

プリプレス用の色味

どちらが良いかというわけではなく、これは、出力側に合わせる必要があります。ただ、一般的なオフセット印刷の場合は、迷わずプリプレス用を選んで、まず間違いはないかと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

D-caféのレッスンをご希望の方はこちらから

プライベートレッスンD-café

IllustratorやPhotoshopなど、デザイン操作の習得をお近くのカフェやコワーキングスペースなどで気軽に習得!


レッスンの申し込み

コメントを残す