「デザイン」と言うと装飾や見た目というイメージですが、実際は、全体の流れに入り込んでいる風のような存在で、販促アイテムなど目に見える形というのは、内側から流れる風が水面にあたって表面に現れるようなものとして考えます。

風(デザイン)とは、どんなもの?

販促アイテムやwebサイト、CM、プロダクトなど目に見える形に表しているデザイン成果物をつくるには、狙いや目的、地域、ターゲット、予算、など目に見えない様々な情報が蓄積されていて、つくる理由・表現の1つ1つの理由が満載です。こういった目には見えないけどモノをつくるには必要不可欠な情報を乗せる「流れ」そのものがデザインになります。

販促アイテムは、1つ作れば…と言ったの存在ではなく、定期的に行い印章を根付かせる広報活動の1つですので、に沿った表現や活動が望ましいです。

デザイン=成果物?

ひと昔前までは、デザインとは表現に起こす行為や起こしたモノのことを言っていました。しかし現在では、魅力を引き出す行為、人が流れる仕組みといったモノに囚われい活動を指すこともあり、どちらにしてもデザインに関して共通して言える事は、価値をあげる活動であるという事です。

ならデザインって何?

Herbert A.Simon(1969-1996)は、このように表現しています。”Everyone designs who devises courses of action aimed at changing existing situations into preferred ones“「現状をより良い状態へ変えることを目的に行動方針を考える人は、みなデザインをしている」

デザイン事務所FAVORISはこのように定義しています。「デザインとは、戦略を持った創造性であり、デザインするとは、人を動かす仕組みをつくること

デザインの活動を導入して変わることは?

お仕事やお店にデザインを導入する事で、販促アイテムが用意できる…といった事だけではありません。上記Herbert A.SimonやFAVORISが表現しているように、お仕事の現状や現場で働くスタッフたちをも魅力的に変えることが出来る可能性がある事にデザインの活動を導入する価値があります。販促アイテムなどのビジュアルはそのために必要なツールでありデザイン導入による変化は多種多様です。

思考が変わる

決まった商品・サービスがあってもユーザーに伝わる印象や細かい事柄はお店によって全く異なります。その理由は、見えない思考にあると考えます。スタッフ間や商品・サービスのコンセプトなどの諸問題に対する解決策もデザイン思考によって柔軟で先のある話し合いが望めます。

言動が変わる

事業を進めていくとどうしても結果に囚われて目先の対策に執着してしまいがちです。また、トップや担当者の言葉だけでまわりが左右されるような環境になってしまうと根拠のない言動や不和な人間関係が増えていってしまい、何故かうまくいかない事例が多く増えていきます。このような場合、枝葉の問題を解決しようとしてもあまり効果はありません。

デザインを事業に導入すると、あらゆる言動が一貫して本筋と繋がっているかを考慮するので、目先の対策に囚われずにいま居る立ち位置とこれから自分たちが向かおうとしている方向の確認、消費者との関係性などを常に振り返りながら進めることが望めます。つまり、あらゆる言動に意味があることをスタッフから商品・サービスまで浸透し、それ自体がブランドスタイルになることが期待できます

見た目が変わる

見た目とは、販促アイテムにとどまらず、スタッフや関係者の姿勢や身だしなみ、言動、店舗の雰囲気、清潔感なども含めたあらゆるものが些細であっても確実に変わっていきます

アイデアが豊富になる

ビジネス色が強いと決定することばかり求めてしまいがちですが想像力が乏しくなるのも事実です。決定というゴールありきで話し合いをするのは、アイデアの膨らみがない意味のない時間になりがちです。

事業にデザインを導入すると、アイデア出しの時点でかなり話が膨らんで最終的に決定したゴールが方向性はさほど変わらなくても着地点が結構変わることがままあります。時に方向性自体、問題点自体が変わることがあります。ビジネス色の強い人にとっては、脱線して無意味に思える光景でも後になればなるほどジワ〜っと来ることは、本当にあとでしかわからないことがほとんどなので困惑するかと思います。

ビジネスが諸々を集約して決定していくプロであれば、デザインは可能性を広げて問題点を色んな方向で見つめ直すプロと言って良いと思います。

柔軟に考えられるようになる

柔軟に考えられる人と考えられない人は、生まれ持ったもの…と諦めてはいませんか?これを否定できるほどの知識はありませんが、諦める必要もなくデザイン思考は今以上に柔軟に考えることが期待できます。それが言い切れる理由は、私自身がそうであるからです。

会議が楽しくなる

上記にもあるように膨らませる考え方が基本のデザイン思考は、話し合いも基本楽しいです。楽しい中で決定していけるので、会議に参加したスタッフも前向きに進められて、人間関係も良くなっていく傾向にあります。

商品・サービスへの理解が深まる

商品やサービスを売るお仕事の場合は、特に「売る」ことに囚われやすく売り手側にとってのゴールが「売れた」までになってしまいがちです。商品やサービスが売れた瞬間までの想像しかないということは、商品・サービスを含むあらゆる物事が購入した後のことまで考慮されたデザインにはなっていません。

デザインは、買い手側であるユーザーの有用性を起点として商品やサービス、あらゆる言動を評価するので、言動の中で出てくる「なぜ」の理由が「ユーザーが…」とユーザー側を思うことが多くなります。逆に「ユーザーのため」が薄らいだ時点で事業としては成り立たなくなるのは言うまでもありません。

ユーザーを思えば、商品・サービスさらには店構えやライトの具合、小物1つとってもユーザーに届ける前から届けた後の一連の流れの中で生まれるユーザーの心情や環境の変化を考慮した売り手の姿に変わっていき、商品やサービスのブラッシュアップも同時に良い方向性に進んでいくことが期待できます。

失敗が失敗でなくなる

普通、失敗したら負の結果として評価してしまい辛口だけ出して、それに対する対処法だけで終わってしまいます。

デザインを導入すると、その失敗は成功と同じくあくまで結果の1つとして捉えます。また、1つの物差しで測ることがないため、別の目線で捉えると違ったアイデアが生まれることがよくあります。

どんな結果であれその都度検討していきながら次に繋げていくのが普通になれば、物事を点で見て一喜一憂することなく、流れで見れるので常にアイデアと検討を繰り返しながら進められます

ビジュアルの統一感と区別

ビジュアルデザインを行う際に気をつけることの1つが統一感と区別です。不特定多数の方により短い時間で認識してもらうには、一定の統一感が必要です。その中で複数のカテゴリーがある場合は、統一すべきところを崩さない程度に区別させていきます。これらを行うと自然にその後の行動も変わっていきやすくなります。

チラシの内容が変わる

一般的にチラシを作るとなると「商品・サービスの紹介→問い合わせ」「お得な値段→来店誘導」のような内容のチラシになりがちですが、デザインを導入すると「ユーザーのリアルな問題を解決する期待感→問い合わせ・来店誘導」のようにユーザーにリアルな期待を持たせるように思考が変わりますので、チラシデザインを検討する段階からデザイン性の高い話し合いが期待できます

ワクワクする

商品・サービスを提供しようとすると効果やお得な情報にばかりアピールしがちですが、まずは人の感情としてワクワクするかどうかといった理屈ではない欲求のところが大事なことも多くあります。何が良いか言葉で説明することはできてもそれ以前に感情が動くかどうかはデザインされているかどうかによります。どれだけ理由を重ねて問題なくても評判が良くないのは「理屈はどうあれ欲しいとは思えない」2つとない人の感情からに他ありません。

デザインは業種に囚われない

デザインのイメージは、飲食店や雑貨店、ファッションなど華やかな業種が目立ちますが、製造業や士業、教育機関など業種に関係なく、また営利非営利に関係なく必要な流れになります。まさに風のような存在です

出せばキリがないですが、事業にデザインを導入すると肩書きや立場に全く関係なく、見た目以上に環境が変わりますので、すぐにでもビジネス思考とは違ったデザイン思考を取り入れていただきたいです。