Photoshop好きには、お馴染みの「コンジル」!これを簡単に紹介します。

コンジルって何?

そもそもコンジルとは、「コンテンツに応じる」の略です。修復したい箇所を選択して、その箇所を周りの情報から得て修復し馴染ませます。

最新のPhotoshopでは、情報を得る周りの範囲を選択することができます。

結果を見てみましょう。

元画像

まずは、これが元画像です。綺麗な写真ですね。この写真から、近くの足跡を消してみましょう。

修復ブラシ

情報をスポイトで取ってから修復するコピースタンプツールのもう少し高度なツールですが、周辺の馴染みが微妙ですね。

いかがでしょう。修復した箇所、全体的に汚いですね。

スポット修復ブラシ

スポイトで取らなくても自動で情報収集してくれますが、結果がわかりません。また、取って欲しくない情報まで取ってしまうと不自然になります。

これならどうでしょう。中心部分は良いのですが、周辺がどうも変です。おそらく海の色が検出されてしまっているように見えます。

コンジル

スポット修復ブラシに、情報収集するエリアを決められるのがコンジルです。

いかがでしょう。かなり馴染んだのではないでしょうか。

上のブラシ系でも、他の方法でももちろん細かく修正すれば良い結果にはなりますが、手早く済ませたい場合には、コンジルはとても助かる機能ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください