Blog

なぜスポットカラーではダメなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作業中に色の管理をしたい時や、外注からもらったデータの中には、スポットカラーになっているものがあります。しかし、印刷に出す場合は、これではいけません。

まずは、何をすべきか?

まずは、スポットカラーを全てプロセスカラーに変換する必要があります。スウォッチ内の各スウォッチの右下に黒丸があれば特色(スポットカラー)と見ていただければ良いかと思います。特にDICカラーなどで選んだ場合は、必ずプロセスカラーに。

次に各スウォッチをダブルクリックすれば、以下のようにパネルが開きます。

カラーモードがスウォッチになっているので、これをCMYKにします。

そして、カラータイプを特色からプロセスカラーに。

グローバルのチェックは付けたままでOK。

これで特色(スポットカラー)からプロセスカラーに変わりました。カラーパネル内をCMYKに変換しても良いですね。

なぜ特色(スポットカラー)ではいけないのか?

それは、データ処理の問題です。データ制作中であれば問題はありませんが、印刷する際は、標準的なCMYKで表現できる範囲内でしか表現ができませんので、範囲外の特色を設定していると、表示とは異なった結果になる事があります。また、特色によってはCMYKにした場合、複雑な数字になっていることもあります。印刷機やインクによっては、思いがけない印刷結果になることも。

このようにデータ上とは異なった結果にならないためにもプロセスカラーに変換しておく事が基本となります。

特色(スポットカラー)を使いたい場合は?

その場合は、基本的には印刷会社のルールに従います。が、基本的には、スウォッチパネル内の特色(スポットカラー)で設定するのではなく、CMYKのどれかの版を特色にする体(テイ)で一版を100%にします。印刷会社には、その一版がどの色か色指定をすると「一版=100%」→「特色=100%」としてくれます。

WEBとは異なり、印刷の場合は色についてはかなり難しいところがあります。これが一般的に使われるコート紙などであれば、基本を知っていればさほど難しくはありませんが、布などの特殊印刷になると、もっと大変になりますので、ノンデザイナーではハードルが高いかと思います。ぜひデザイン事務所などプロのデザイナーにご相談ください。

FAVORISへのお問い合わせ

デザイン事務所FAVORISへのお問い合わせはこちら


お問い合わせ